フォーム送信後を考える:サンクスメールで作る、より良いユーザー体験

昨日の記事フォーム送信後を考える:【送信完了ページ】で作る、より良いユーザー体験に引き続き、フォーム送信後のコミュニケーションについて考えていきます。
本日は多くのフォームが実装している、フォーム送信後にユーザーに送られるメール、いわゆるサンクスメールについて考えてみたいと思います。

サンクスメールの改善ポイント

送信完了ページはほとんどの場合、一度ページを閉じると同じページには再訪問することができません。
それに対しサンクスメールは、ユーザーがメールを削除しない限りは何度でも内容を確認することができます。

そのため、サンクスメールでは単純に送信完了の旨を伝えるだけでなく、フォーム送信後のユーザーにとって必要な情報を伝えるために活用することができます。
サンクスメールに関連する改善ポイントを下記の6点にまとめてみました。

目次

それでは順番に見て行きましょう。

送信内容の概要を確認できるように

購入フォームや予約フォーム、申込みフォームなどでは特に、時間が経過したあとに送信内容を再確認したい、というケースが起こりえます。
そこで、ユーザーがフォームでどのような内容を送信したのかを、できるだけサンクスメールにも記載しておくようにしましょう。

そうすれば、サンクスメールの内容を見直すだけで、ユーザーは注文内容や予約内容を再確認することができますね。
面倒な「マイページへのログイン」等は不要ですから、非常に便利です。

今後の流れ・アクションを記載

送信完了ページのポイントでもお伝えした内容ですが、フォーム送信後のサービスの流れや必要なアクションがある場合は必ずサンクスメールにもその旨を記載しておくようにしましょう。

ヘルプや問い合わせ先を記載する

こちらも完了ページと同様ですね。
ヘルプへのリンクや、トラブルシューティング、いざというときの問い合わせ先について記載してあると便利です。

リマインドメールでさらに便利に

少し内容がずれますが、送信直後のサンクスメールに留まらず、例えば発送のお知らせや予約内容のリマインドなども通知できると、さらにユーザーにとって便利になるでしょう。

HTMLメールでリッチな表現も可能

HTMLメールを利用すると、テキストだけのメールに比べ効果的に情報を伝えることができます。

Amazonのサンクスメールを紹介します。

Amazonのサンクスメール

Amazonのサンクスメール

ただ「注文ありがとうございました」と伝えるだけでなく、注文の概要、今後の流れ(お届け予定日)、ヘルプや注文履歴などへの導線が設けられています。さらに「商品が発送されましたら、Eメールにてお知らせします」の文言の通りリマインドメールも送られるようです。まさにこれまでお伝えしてきたポイントを満たしていますね。

情報量はとても多いですが、HTMLでレイアウトされているために見づらいと感じることはありませんね。

次に、Appleのサンクスメールです。こちらもHTMLメールになっており、Appleのブランドイメージを崩しません。

Appleサンクスメール

Appleサンクスメール


こちらも注文の概要、今後の流れ、ヘルプの導線がしっかり設けてありますね。

迷惑メールフォルダやドメイン受信拒否などの可能性も考慮する

最後に、サンクスメールでは、ユーザーにメールが届かない場合も考慮しなくてはなりません。
迷惑メールフォルダへ入ってしまったり、指定のドメインしか受信できない設定になっているなど、サンクスメールを問題なく受信できる可能性は100%ではありません。
ですので購入フォームや予約フォームなどでは特に、サンクスメールでしか必要な情報が得られないようにするのではなく、完了ページや履歴ページなど、メール以外の方法でも必ずユーザーが内容を再確認できるようにしておくことも必要です。

最後に

いかがだったでしょうか。本日はサンクスメールに関連した改善ポイントについて6点、ご紹介しました。

サンクスメールも立派なフォームの一部です。
ついつい「ありがとう」のみで済ませてしまいがちですが、コンテンツをしっかり作りこむことで、サンクスメールは必ずより良いユーザー体験をもたらしてくれるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

UI改善ブログの最新情報をお届けします

エフトラEFO機能アイコン

UI改善ブログを運営する株式会社エフ・コードでは
UI改善の基本施策を簡単に実施できる「エフトラEFO」「エフトラCTA」を開発しています。

エフトラEFOサイトへ エフトラCTAサイトへ

UI改善ブログ by f-tra の購読

当ブログの更新情報は以下の各種アカウントから購読できます。

メールマガジンを購読する

ブログの更新情報やセミナーのお知らせなど、
UI改善に関する情報を1~2週間に1回お届けします。

メールアドレスを入力

 購読解除はいつでも可能です