アニメのキャラクターにWeb接客を任せてみました。(前編)

yuka9v9a8498_tp_v

最近よく、マーケティングに漫画のキャラクターを起用しているのを目にしませんか?

例えば、とある人材会社が、OLの萌え系女子をイメージキャラクターに起用したり、ビジネス書をマンガにした本がベストセラーになったりしています。

マンガを利用するメリットとしては、次のようなことが考えられます。

①少年週刊誌の発行部数が上向きだった時代に少年期~青年期を過ごした30~50代に刺さりやすい可能性がある。
②アイキャッチ効果が高く、イメージとしてユーザーの記憶に残りやすい。
③ストーリーを交えて分かりやすく商品・サービスの説明などができる。

アニメ画像でWeb接客してみました

ここで一つ疑問が生まれます。マンガを使ったマーケティング施策はBtoB企業にとっても有効なのでしょうか?そこで、我々f-traチームは、「f-tra CTA」のサービスサイトにおいて、実写の女性の画像と、マンガの女性の画像の二つのクリエイティブを使用して、Web接客の効果検証を行いました。

実写女性の場合

サイトを訪れると右隅に現れた女性が声を掛けてくれます。

snapcrab_noname_2016-12-5_18-50-6_no-00

右隅の女性をクリックすると、資料ダウンロードを案内するポップアップが表示され、画像をクリックすると、ダウンロード専用ページに遷移します。

snapcrab_noname_2016-12-5_18-51-13_no-00

マンガ女性の場合

右隅のアニメ女性が声を掛けてくれます。

snapcrab_noname_2016-12-5_18-50-24_no-00

右隅のキャラクターをクリックすると、キャラクターのコメントとともに、資料ダウンロードの案内のポップアップが表示されます。

snapcrab_noname_2016-12-5_18-50-45_no-00

以上のようなキャンペーン設定を行い、それぞれ実写とアニメのクリエイティブにおけるクリック率、CVRの違いを検証してみました。次回は、検証結果についてお話ししたいと思います。

yuka9v9a8498_tp_v

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

UI改善ブログの最新情報をお届けします

エフトラEFO機能アイコン

UI改善ブログを運営する株式会社エフ・コードでは
UI改善の基本施策を簡単に実施できる「エフトラEFO」「エフトラCTA」を開発しています。

エフトラEFOサイトへ エフトラCTAサイトへ

UI改善ブログ by f-tra の購読

当ブログの更新情報は以下の各種アカウントから購読できます。

メールマガジンを購読する

ブログの更新情報やセミナーのお知らせなど、
UI改善に関する情報を1~2週間に1回お届けします。

メールアドレスを入力

 購読解除はいつでも可能です